【超初心者向け】登山中の虫除け対策を5つ解説!

登山

こんにちはkurosaikiです。山といえば虫ですよね。友人を山に誘った時に断られる原因の一つが「虫がいそう」だったりします。

登山では、少なからず虫との遭遇は避けようのないものなのですが、ある程度対策しておくことで、不安もだいぶ軽減されます。害がなければまだマシなのですが、ハチやアブ、ブヨなどは特に刺されるとトラウマにもなりかねない思い出になってしまいます。

低山でも虫に刺されることはよくあるよ!

防虫の基本の対策は、虫除けスプレー、服は黒以外、(山域によっては)塩です。私の場合ほとんどこの3つだけです。

今回はあまり山の経験がない方に向けて、必要最低限の防虫対策やプラスアルファの対策を解説します。この記事を読んでより多くの方が安全に山に来てくれると嬉しいなと思います。

スポンサーリンク

基本の対策3つ

虫除けスプレー

まず虫対策といえば虫除けスプレーですね。地肌が出る部分には基本的に塗って山に入ります。9月くらいまでの間は日焼け止めも塗っておくようにしてます。虫も怖いですが、日焼けも結構痛いので予防しておいた方がいいですよ。

虫除けスプレーはシンプルにフマキラーのスキンベープミスト。サラッとしていて肌に優しいので日頃から愛用しています。完全に守ってくれるわけではありませんが、ひとまずはこれで十分です。

服は黒色系のものを避ける

山に入るときはなるべく黒色系の服は避けましょう。というのも、ハチやブヨ、アブといった定番の害虫は黒色系の色によってくる性質があります

また暗いところでは黒色系だと目立たなくなってしまいますので、もしもの時にすぐ見つかるように暗い色は避けた方が良いでしょう。

山によってはヒル対策に塩を持っていく

丹沢などのヒルがよく出るような山域に行く時には必ず塩を持って行くようにしています。

というのもヒルというのはつまんだり払ったりしてもなかなか取れません。無理矢理取ろうとすると口の部分だけ残ってしまい、傷の治りが遅くなる上に不衛生です。

閲覧注意!ヒルの写真

塩をかけると勝手にポロッと取れますので、ヒルが出そうな山に行く際にはぜひ持っていきましょう。

また塩以外でもアルコールや火、マヨネーズなどでも取れるそうです。もしヒルにくわれたら無理矢理取る前に持っているもので処理できないか考えてみてください。

ヒルを増やさないためにもぜひ塩などで退治してくださいね!

より万全に対策する

1人で行く時には以上の3つの準備を基本的にしていますが、宿泊をするような長めの登山の場合には、これにプラスしてポイズンリムーバーとステロイド外用薬を持って行くようにしています。

刺されたと感じたらまずポイズンリムーバーを使う

刺されてすぐのタイミングで気付いたようでしたら、すぐにポイズンリムーバーで毒針や毒液を吸い出すようにします。蚊くらいなら我慢できますが、ブヨなどに刺されたようなら早めに処置をした方が良いでしょう。

私がいつも持っているのはドクターヘッセルのポイズンリムーバーです。軽くてどこにでも持っていけるので、外で活動する時には大体持ち歩くようにしています。

刺されたらとりあえずやっておこう!

強い炎症を抑えるためのステロイド外用薬

痒み止めの塗り薬はいろいろありますが、山に入る時には強い腫れを抑えるためのステロイドが含まれた塗り薬を持って行くようにしています。

痒み止め成分も含まれているものもあります。刺されたところを描きすぎると化膿して治りが遅くなりますので、虫が多くいるようでしたら持っていきましょう。

ただ薬については私は専門外ですので、購入の際には薬局で相談して購入してください。ちなみにステロイド外用薬の説明については以下のシオノギ製薬のページをご覧ください。

ステロイドって何?

小虫が多いところは虫除けネットを持っていく

低山などで夏に大発生する小虫は「メマトイ」という虫で人間の涙成分を求めて、顔にまとわりつく修正を持ちます。

そういった山にいく際には虫除けネットを持っていくと顔を守ることができるのでおすすめです。

メマトイの中にブヨが混じっている場合もありますし、顔部分に薬が濡れないこともあるので、暑い時期に山に入る際には顔を守るために持っていくと良いでしょう。

【補足】一度試してみたい防虫対策

殺虫器

一度天城山で大量の虫(メマトイ、ブヨ)に襲われた時にバチバチっと退治できる殺虫器が欲しいと思っていました。

コンパクトで効果のある殺虫器がないものかと探していたら、まさにドンピシャのものがあったのでご紹介します。

これ本当に欲しかったですね。群がった小虫たちをこれで一網打尽にしてみたかったです。「電撃殺虫ラケット」というネーミングがまさにツボです。今度買ってみたいですね。

虫に纏われている間、ずっとこんなのが欲しいと思ってました!

強力蚊取り線香

正確には森林香というようです。キャンプなどでもよく使われている屋外用防虫蚊取り線香ですね。

Twitterで調べてみると、屋外で作業する方にとっては定番のアイテムのようですが、キャンプなどで長時間外にいる時には、虫除けスプレーも併用したほうが良いみたいです。

終わりに

ということで、今回は山での防虫対策についてご説明しました。防虫対策のポイントは基本的に以下の3つ。

1.虫除けスプレーをかける
2.黒色系の服を避ける
3.ヒルが出る山では塩を持って行く

さらに念入りに対策する場合は、

1.ポイズンリムーバーを持っていく
2.ステロイド外用薬を持っていく

山ではどうしても虫との遭遇は避けづらいですが、もしもの場合にどう対処するかを押さえて置くだけでもだいぶ安心です。安全に登山を楽しみましょう!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました