ふるさと納税で家計改善!今年から始めよう!

家計改善

この記事ではすぐにでもできる家計改善のうち、ふるさと納税についてご紹介します。ふるさと納税は国が認めた数少ない節税対策なのですが、まだあまり認知が進んでないように思われます。この記事をぜひご覧いただき、その魅力と活用の方法について知ってください。

スポンサーリンク

ふるさと納税の魅力

ふるさと納税とは

ふるさと納税は1/1~12/31の間に自分が住んでいる自治体以外の市区町村に寄付すると、その金額に応じて翌年に所得税の還付や住民税の控除が受けられる制度です。

ですので寄付した金額は後から税金の控除という形で返ってきます。

※一部対象でない自治体もあります。

手数料2,ooo円で色々なものが手に入る

ふるさと納税の第一の魅力は手数料2,000円でそれ以上の価値があるものを手に入れられるということです。寄付した金額のほとんどは控除されるわけですから、実質2,000円で購入したことと同じということになります。

この制度を活用して日本各地の美味しいものや豪華なものを食べたり、旅行にいくことができるわけです。ただ、家計改善ということであれば、主にお米などの生活必需品を補うことをお勧めします。お米を買わなくて済むだけで、だいぶ助かりますよ!

さらにポイントも!

普通に購入しても十分お得なこの制度ですが、楽天ポイントなどと組み合わせるとさらにお得になります。

このふるさと納税で購入した際にポイントも付くので、お買い物マラソンと0と5がつく日の重なるタイミングで購入すると2,000円を超えるポイントがついてしまうのです!こんなお得なことがあっていいのでしょうか!

ふるさと納税をするには?

まずは納付可能な金額を調べる事から始めよう。

ふるさと納税を始める前に年収に応じてふるさと納税の可能額が決められています。ふるなびの可能控除額シミュレータのページで調べてみましょう。

ちなみに年収500万の方で61,000円が限度となります。この金額が納税できるようであれば、2人分であれば十分お米が1年間食いつなげます。この納税可能額の範囲でふるさと納税を活用しましょう。

どの商品を選ぶか考えよう

それではいよいよふるさと納税をしていきます。楽天ポイントを考えている方は楽天市場でふるさと納税と検索して購入します。

ちなみに人気があるものとしては、お米、うなぎ、ホタテやつぶ貝などの海鮮物、豚肉の切り落としなどが人気のようです。(楽天市場総合ランキングより)

ワンストップ納税制度を活用しよう

「返戻品」と「寄付金受領証明書」、「ワンストップ納税申請書」が寄付の後自宅に届きます。ワンストップ納税制度は寄付した自治体に申請書を提出すれば、その自治体が住民税控除の手続きをしてくれます。ただし、1年間に最大で5自治体までです。※手続きにはマイナンバーカード、またはマイナンバーカードの通知証と身分確認書類の写しが必要です。

5自治体以上の寄付やワンストップ納税申請書の提出が期限を過ぎた場合は、確定申告が必要となります。その際は「寄付金受領証明書」が必要となります。

納税制度のより詳しい説明は「ふるさとチョイス」での解説が図付きでわかりやすいので参考にしてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ふるさと納税を活用すれば生活必需品をこれで賄えるようになり、家計をだいぶ助けると思います。ぜひ参考にして今年から始めましょう!

お問い合わせ

        


     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました