あいさつしたら…クマだった(山形新聞)ばったり出会った時の対策3選

登山

私たち登山者にとって道迷いや転倒も怖いですが、熊の出現もやっぱり怖いですよね。今回はこちらの記事を参考に山で熊にばったり出会ってしまったらどうするか、確認していきたいと思います。Yahoo!ニュースの記事からの引用です。

21日午前7時45分ごろ、小国町叶水で、クマ1頭を目撃したと、登校中の女子児童が保護者などを通じて小国署に届け出た。

同署によると、高学年の女子が他の児童4人と歩いていた際、道路に人のような姿を見つけてあいさつしたところ、クマだったという。クマは南側の山林に逃げていった。児童たちはいったん自宅に戻り保護者と共に登校した。現場は叶水小中の北西約180メートル。同署は下校時間帯に付近を巡回し、22日の登校時間帯にもパトロールする。町教育委員会によると、同校ではクマの出没を受け、当面の間、保護者による登下校時の送迎を依頼した。

付近では18日にも、草刈りをしていた60代男性がクマを目撃していた。

最近では餌を求めて野生のクマが市街地で発見されたり、登山道に出没することも増えてきました。登山を趣味にして色々な山に登る予定のある方はぜひ今回の記事を参考にして、安全対策をしていただきたいと思います。

しっかし、挨拶したらクマだったというのはどれだけ衝撃的だったのでしょうね。この発見した児童に何事もなかったことが本当に救いです。

スポンサーリンク

まず大前提として

まず熊対策の大前提は以下の3つです。

  1. 熊情報は事前に調べておく
  2. 山中に入る時は熊鈴をつける
  3. 発見しても近づかない、刺激しない、大声出さない

山中における熊は基本的には餌を探してうろうろしているだけです。ですので、そもそも大きな音がしたり、人の気配がある場所には熊は自分から避けてくれることがほとんどです。したがって、熊鈴や大声、ラジオなどで自分の位置を知らせ、熊から避けてもらうことが基本です。

いつも鳴っているとバスの中などでうるさいので消音機能のついている熊鈴が便利です。

定形外郵便で送料無料■消音機能付【サイレントベアーベル】熊よけ 熊よけ鈴 くま鈴 熊すず 熊鈴

価格:1,250円
(2021/6/24 17:13時点)
感想(6件)

また、事前に行く予定の山域で熊の出没事例が出ていないか調べましょう。もうすでに出ているのであれば、最悪ばったり出くわしてしまった時のことを考えて対応をしておくことが必要です。以下の記事を参考にしてください。

熊にばったり出くわしてしまったら

次に山中で熊にばったり出くわしてしまったらどうすればいいのか、その対策について解説します。本当は出くわさない方がいいのですが、熊にとっても突然人間が現れてパニックになっているかもしれません。(対策方法についてはyamahackさんのこちらの記事を参考にしました)

  1. 慌てない、急に逃げない
  2. 荷物を狙っているようなら、無理に取り返さない
  3. 熊スプレーの準備

1.慌てない、急に逃げない

熊とばったり出会ってしまい、目があってしまっても、急に振り返って逃げるのは厳禁です。また大声を出したりして威嚇するのはいけません。熊も突然出会ってびっくりしているところで、急に何か行動を起こすと熊は反射的に敵対行動と見て行動してくることがあります。

まずは慌てずに熊から遠ざかりましょう。

2.荷物を狙っているようなら、無理に取り返さない

これは過去の事件からの教訓でもありますが、クマがもし荷物を狙っているようなら、それは取り返さずに逃げましょう。かつて荷物を取り返そうとして、取り返した後、戻ってきた熊に再度襲われるということがありました。

熊から見たら、一度ロックオンした荷物は獲物なので、それを取り返した人は敵となってしまいます。山中で熊に本気でロックオンされたら逃げ切るのは難しいです。荷物は諦めて、距離を取ることに専念しましょう。

小熊は可愛いけど、近くに親熊が警戒してるかもしれないので、見かけても距離を取って離れること

3.熊スプレーの準備

いざというときの最終手段が熊スプレーです。私も以前北アルプスで「熊に出くわしたけど、熊スプレーで追い払った」という下山者の方と話したことがあります。(北アルプス、上高地付近で熊を見たことは私にもあります)。

熊スプレーは絶対ではありませんし、取扱にも注意が必要なものですが、頻繁に発見事例が出ている山に行く時はぜひ持っていきましょう。

熊撃退スプレー ホルダーケース付き

価格:12,290円
(2021/6/24 18:01時点)
感想(0件)

ここまでの記事を書くにあたり、参考にさせていただいた記事です。こちらにより詳しく書かれているので、こちらも参考にしてください。

熊鈴って効果あるの?と専門家に聞いてわかった登山者がすべき本当のクマ対策|YAMA HACK
できれば山では出会いたくないクマ。今回はクマに関して、「熊鈴は効果があるの?」と言った素朴な疑問やその他YAMA HACK読者からいただいたクマに関する質問を、ヒグマに詳しい知床財団の方に聞いてみました。その中で教えてもらった、登山者がすべきクマ対策とは一体なんなのでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。熊とできれば出会いたくないですが、出会ってしまったら、冷静に距離を取り、威嚇しないようにしましょう。またクマが出没しやすい山域には木に傷がついていたり、大きな熊の落とし物が道の真ん中に落ちていたりしているものです。

出来るだけ熊の駆除が起きないようにうまく熊と付き合っていきたいですね。

それでは。

ブログランキングに登録しております。クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました