【大人気】2021年の登山用の椅子・アウトドアチェア4選!

登山

こんにちはkurosaikiです。

最近では登山者の中でもアウトドアチェアを持っている方多いですよね。山頂でも人が多いと座る場所を探すのにも大変です。そこで今回は軽くてコンパクトな登山向けのアウトドアチェアのうち、お求めやすい価格で手に入り、1kg未満で山まで運べるものをご紹介します。

椅子に座った方が、安心して休憩できるね!

スポンサーリンク

アウトドアチェアでさらに楽しく

アウトドアチェア自体は登山に必要不可欠なものではありませんが、地面に敷くだけのシートより椅子の方が体に負担も少なく、ゆっくり休憩を取ることができますよね。

テント泊で調理をするときにも、椅子があると無理な姿勢で調理する必要がなくなるので、ゆったりとすることができます。

ということで今回ご紹介するアウトドアチェアは、Amazon、楽天での人気のあるもののうち、次の点に注目しました。

・軽い(1kg以下)
・コンパクト
・耐加重80kg以上

いくら便利でも1kgを超えるとちょっと悩んでしまいますし、かさばるものは候補にはいらないのではと思い(というか私が多分持っていけない汗)、軽さとコンパクトさ、それと何kgまで耐えられるかを調べました。

いろいろなアウトドアチェアがある中で、山に持っていけそうなものを調べてみたよ!

1.KVASS

・重さ…450kg
・コンパクトさ…26×6×6 (500mlペットボトル代の大きさ)
・耐加重…80kg

KVASSのアウトドアチェアは大体3,000円未満で手に入りますが、500gを切る軽さとペットボトル大の大きさがうりです。ただし、耐加重は80kgですので、これを超えている自分はちょっと心配です汗。

2.KVASS ウルトラライト

・重さ…302g
・コンパクトさ…24×13×6
・耐加重…90kg

こちらは1番と同じKVASSのウルトラライトです。重さは302gと超軽量!これだけ軽ければ負担に感じず持っていけそうです。サイズもそんなに大きくないので、ザックを圧迫することはなさそうですね。

ただこちらも耐加重は80kgとなっていて、ちょっと私には無理そうです…。

3.TCEVO

・重さ…約500g
・コンパクトさ…27×6(ペットボトル大の大きさくらい)
・耐加重…120kg

こちらは1のKVASSアウトドアチェアより若干重いですが、耐加重は120kgと私でも安心して座ることができそうです!大きさもペットボトルくらいの大きさなので、持ち運びが楽です。

4.Moon Lence

・重さ…902g
・コンパクトさ…36×12
・耐加重…150kg

今回ご紹介するチェアの中で唯一背もたれがあるものになります。背もたれがあるものだとほとんど1kgを超えてしまうのですが、こちらは902gと1kgを切る軽さです。
のんびりとテント場で過ごすなら、やっぱり背もたれがあると便利ですよね。こちらの商品は3,000円を切る商品ととてもお手頃です!

耐加重も150kgもありますので、私も安心して座れます!😊

おすすめアウトドアチェアまとめ

商品画像



名称1.KVASS2.KVASS ウルトラライト3.TCEVO4.Moon Lence
重さ450g302g約500g902g
コンパクトさ26×6×624×13×627×636×12
耐加重80kg80kg120kg150kg

まとめ

いかがでしたでしょうか?山に持っていけそうなイスは見つかりましたか?

私はテント泊の時にはのんびりお酒飲みながら、おつまみ作るのが好きなので、椅子はやっぱり欲しいですね〜。かさばったり重くなるようなら諦めますけど、他の人が使っているところを見るといいなあと思ってしまいます。

それでは今回はこの辺で!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました