山に行くために今すぐできる家計改善5つ!

家計改善


こんにちはkurosaikiです。山に行く費用って結構馬鹿にならないですよね?

私も以前はなかなか貯金がたまらず、山に行く費用を捻出するだけでも結構大変でした。

そこで自分の経験を踏まえて、月々の出費を抑えていったら、山に行く車を購入できたり、電気代や携帯代を現金で払わなくてよくなり、貯金もできるようになってきたので、そこまでの道のりをご紹介したいと思います。
ちなみに私は大のめんどくさがりで物事が続かないダメ人間です。それでもこれだけはなんとかできたのですごく生活が楽になりました。ぜひ参考にしてください。

不足する部分があれば今後書き足していきたいと思います。

スポンサーリンク

出費を減らす

今すぐできることといえば、収入を増やすことよりも出費をまず減らすことが大事だと思いました。そこで私がしたことは大きく以下の3つです。

  1. 保険を解約した
  2. 電気を楽天電気に変えた
  3. 月に1回必要なものを楽天で5日か10日に買うようにした
  4. ふるさと納税した
  5. 携帯料金の見直しをした

これだけですが、それでもだいぶ家計の改善につながりました。以前は全く手元に貯金が残らない状態で、月によっては普通預金にお金がなく、毎回定期預金からお金を崩していて、全くお金が貯まらないことが何年も続き、とても焦っておりました。

まず健康保険と年金保険を解約

以前の私は職場に来た保険のおばさんの勧誘で言われるがままに、13,000円の健康保険と30,000円の年金保険に入っていました。後々考えてみてもものすごい出費でした。

まず健康保険は身内が病気になって大きい手術をしたときに思ったより費用がかからないことに驚きました。

健康保険には高額医療費制度というのがあって、医療費の支払いにも限度額があるということでした。

私は大きな病気になったら、数百万かかるものだと思っていたので、完全に目から鱗が落ちました。確かに難病とかこの先かかる可能性はあるかもしれません。

それでも着実に手元にお金を残して、選択肢を残すようにしたかったのです。

ちなみに障害をおった場合には障害者年金というものもあります。日本の保険制度はすでに完成されていて、新たに入るべき保険というのはすごく限られるなあと思いました。

それと年金保険ですが、2、30年月3万円ずつ払った後の金額があまりに少なすぎてやめました。

少し投資のことを勉強したら、リスクはあっても長い目で見れば十分増やせることがわかりましたので、安全性だけ重視してちょっとしか増えないのもなあ…と思い解約しました。

で、この解約したお金で新しい山に行くための車を購入したんです。ローンなしで買うことができました。(これは節約ではないですね;)

あの保険というものは一体なんのためにあるのか…自動車保険と生命保険と火災保険以外に必要な保険ってあるのでしょうか?(登山遭難保険も必要かな?)

ともあれ、これで月に43,000円ほど浮かせることができました。

とはいえ、このうち30,000円は投資に、他の10,000円くらいは貯蓄に回しています。

電気を楽天でんきに変えた

電気代も結構馬鹿にならないものです。エアコンを使わない時期でも13,000円くらい、エアコンを使う時期だと22,000円の時もあったぐらいです。

そこで電気会社を電気代シミュレーションした上で楽天でんきに変更しました。理由は単純に2割程度安くなりそうだということと、楽天ポイントで支払いができるようになることにあります。

おかげさまで、楽天ポイントがなくても電気代は10,000円程度、楽天ポイントがあれば現金が減ることなく、多くて6,000円くらいの支払いで済むようになりました。月々10,000円〜20,000の節約は大きいですよね。この辺りから生活費に余裕ができ、貯蓄ができるようになってきました。

※楽天でなくとも今利用している他のサービスと比較して電気代のシミュレーションをしてください。

価格.com - 料金プランシミュレーション|電気料金比較
価格.com電気料金比較で、あなたに最適な料金プランをシミュレーションすることができます。電力自由化で続々出てくるガス・携帯電話・インターネットのセット割引にも対応しています。価格.com限定のキャンペーンも実施中。料金プランを見直して電気代を節約!

 

月に1回必要なものを楽天で5日か10日に買うようにした

次に進めたのはこれです。楽天市場では月に1、2回楽天お買い物マラソンという習慣があります。概ね毎月の5日〜10日を挟む週と、25日を挟む週に開催されます。

お買い物マラソンとは色々なショップで1,000円以上の買い物をすると1店舗買い物するにつき、買った総額の1%分増えてポイントとなって返ってくるというものです。

最大10店舗までで、最大10%がポイントとなって返ってきます。

さらに5と0のつく日にはエントリーと楽天カードの利用でさらに5%のポイントがつきます。

私は毎月5日か10日のお買い物マラソンと5と0のつく日の重なるタイミングで1ヶ月分の必要品を購入しています。

他にも楽天カードの利用や、楽天銀行、楽天証券の利用などでポイントは月10,000ポイント〜20,000ポイントくらいついています。

このポイントは楽天でんきや楽天モバイルの支払い、楽天証券での株購入にも使えるので、ポイント使いきれないということもありません。

もっというと月に1回必要なものを買うようにしたら、日頃の無駄遣いも減りますね。ちゃんとした使えるものを1ヶ月いろいろ考えて、この日に購入することで店に行って勢いで買うということがだいぶ減りました。

※こうした楽天関連のサービスを利用してポイントを稼ぐ考え方を楽天経済圏といいます。無理のない範囲で活用してポイント倍率を上げましょう。

ふるさと納税した

次にふるさと納税です。私の購入できる枠はこの時5万くらいありましたので、お米の購入に全て使いました。

1回2,000円の費用で山形県産のお米が5kg6ヶ月も届くわけですから使わない手はありません。

しかも楽天市場で購入し、5と10のつく日でこの分のポイントもいただきました。

通常5kgのお米を買うだけでいいものなら2、3000円します。それが6ヶ月分ですから、2,000円の費用を差し引いても、10,000円〜16,000円の節約になっているわけです。

お米には本当に今困らない生活でありがたいです。山形県産のお米は美味しいですし。

※ふるさと納税について細かくお話ししているのは下の記事です。

ふるさと納税で家計改善!今年から始めよう!
この記事ではすぐにでもできる家計改善のうち、ふるさと納税についてご紹介します。ふるさと納税は国が認めた数少ない節税対策なのですが、まだあまり認知が進んでないように思われます。この記事をぜひご覧いただき、その魅力と活用の方法について知ってください。

携帯電話料金の見直し

これは私は最後になってしまいました。というのも、ネット上のいろいろなサービスを前のキャリアのメールで登録しており、それらを全部別のメールに切り替えることに時間がかかったからです。

およそ1年間このメールアドレスの切り替えを経て、やっとつい数ヶ月前に変更しました。

それまでは毎月ギガプランと機種代で13,000円払っていたんです。(何故かちょうどいいギガ数の料金プランもなかった。3GBか50GBかみたいな)

携帯電話料金代が、思ったより外で通信量使っていなかったせいか、月1,980円(税別)で収まるようになりました。

ポイントが多い月はこれも楽天ポイントで支払えています。

今までのあの出費はなんだったのかと思うくらい、今は携帯代かかっていません。機種代全部支払って、楽天市場で型落ちの楽天モバイルに対応しているスマホ買って、切り替えた方が半年くらいで元が取れるんじゃないでしょうか。

最近は楽天モバイルの範囲も広がってきました。これからも広がりますし、今のところ楽天モバイルを変更する理由はないですね。

※切り替えの検討の前に今現在の楽天モバイルの地域が自分の生活圏に入っているか確認しましょう。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

まとめ

ここまでで毎月の生活費が50,000〜60,000円くらいは浮かせることができたのではないかなと思います。

保険、電気代、携帯代なかなか切り替えるにはなかなか腰が思い部分ではありますが、その作業をしている時間の分がこれから浮く費用の時給分と考えれば、割りのいいバイトと考えることもできるのではないでしょうか。

今では月1回は車で車中泊をしながら、色々な山へ遠征する余裕ができました。

皆さんもぜひ家計改善をして、色々な山に行きましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングに登録しております。クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



 
w

コメント

タイトルとURLをコピーしました