登山靴選びで失敗しないための3つのポイント!

登山

みなさんこんにちはkurosaikiです。

今回は登山靴選びで絶対に押さえておくべきポイントを解説します。

登山靴といえば、ザック、レインウェアに次ぐ登山3種の神器に数えられる、とても重要なツールです。

一番登山中には体に接着し、体が疲れやすくなるかどうかはこの靴選びにかかっています。

今日は大事な登山靴の選び方について、簡単に説明するよ!

ですので登山靴だけはしっかりと選び、自分の足に合ったものを購入していただきたいと思います。

登山靴以外の3種の神器、ザックとレインウェアについては以下の記事をご覧ください!

日帰り登山のザックはこう選ぶ!ザックの選び方とおすすめ3点!
こんにちはkurosaikiです。今回は登山の必需品であるリュック(ザック、バックパックともいう)について、ご紹介します。 「どんな基準で選べばいいか。」 「何がついていると便利なのか。」 がわかるように解説していきます。
大きいザック(リュック)はこう選ぶ!おすすめの小屋泊・テント泊用ザックを紹介!
小屋泊・テント泊用の大きめのザックの選び方について解説していきます。初めてのザック購入の方にもわかりやすく、選び方の基準やおすすめのザックを利用シーンに応じて解説しています。
登山にはレインウェアを持っていこう!レインウェアの選び方!
登山に必要不可欠なレインウェアについてわかりやすく解説するとともに、おすすめのレインウェアを紹介しています。レインウェア選びに困っている方に向けてなるべくわかりやすく説明しました。

登山靴選びで重要なポイントは大きく以下の3つです。

1.登山用品店に買いに行く
2.店員にどんな用途で使うか相談する
3.実際に履く

そんなの当たり前だろ…と思われた方もいるかもしれませんが、いや、重要なんです本当に。

ネットでの靴選びは難しいよ!

スポンサーリンク

登山靴を失敗しない3つのポイント

1.登山用品店に買いに行く

そんなの当たり前だろ…と思われるかもしれないですが、登山靴に関してだけは実際に店に足を運んで、自分の足に合う靴を選ぶことをお勧めします。

理由は、

・厚めのソックスを履くからサイズ感が異なるから
・足とのフィット感ははいてみないとわからないから
・実際に歩いてみて感触を確認する必要があるから
の3つです。人それぞれ足の形は異なります。
もし、踵が窮屈であれば、その後の登山で靴づれを起こして辛い思いをします。
つま先がもし当たる部分があれば、その部分が痛んで歩けなくなるかもしれません。
「実物」を実際に履いて確認した上で購入することがベストです。しかし、店とはいっても、
×自分でサイズを測って売り場に持っていく
×試し履き用のソックスがない
×歩行テストのための坂などがない
ようなら、他の店で検討した方が良いでしょう。

2.店員にどんな用途で使うか相談する

登山用品店には自身も登山をしている店員が少なからず在籍しています。

そこでどんな用途で使うのかを説明し、靴選びを手伝っていただきましょう。

話すべきポイントは次の3つです。

1.無雪期の登山か雪山登山かトレイル目的か
2.どんな山に行くのか
例)北アルプス、丹沢、ハイキング
3.どれくらいの日程か
例)日帰り、小屋泊、長期縦走
大体このあたりのことを話せば、それに見合った靴を選んでくれると思います。
もし、
×相談できる店員がいない
ようなら他のお店で検討しましょう。

3.実際に履く

さて、候補となる靴がいくつか出てきたところで、ここからが自分でしっかり判断するポイントとなります。

デザインなどは別といたしまして、実際に試着するときには、

必ず試着用のソックスを履く
ことが必要です。登山用品店であれば基本的にはソックスを貸してもらえるので、使わせていただきましょう。自分のでないと嫌と言う方は、あらかじめ持っていきましょう。
履いてみてチェックすることは、店内を歩きながら
1.つま先、かかと、足の側面とのあたりはどうか?窮屈すぎないか?
2.坂道を降りるときにつま先が当たらないか?
3.歩いていてバランスを崩すことはないか?
といったことを数分歩きながらチェックしましょう。
登山用品店であれば靴のチェック用に色々な歩行テスト用の道が用意されているので、色々歩いて痛くなりそうなところがないか確認してください。
ないとは思いますが…
×試着できない
×歩行コースがない
×履いて歩いてはいけない
なんて店があったら、他の店で検討しましょう。

過去の失敗…

筆者自身も登山靴選びに失敗したことがあります。ネットで安かった登山靴(らしきもの)を買ったのですが、転びやすかったり、つま先が負傷したりと散々な目に遭いました。

その時は靴が原因だとは思わなかったんですよね。

でもその後登山用品店に行って、自分で実際に足を合わせて納得して買った靴は全然疲れず、格段に足が楽になったのは衝撃的でした。

もしかしたら、ネットで買ってもいいものに出会えるかもしれません。

でも決して安いものを買うわけではないわけですから、靴に関しては実際に自分で触れて購入した方が良いです。

おすすめ登山用品店!

私が靴やザックなど重要な装備を買うときは、大抵はモンベルで購入しています!

モンベルはおしゃれでデザインが統一されているだけでなく、登山に適したしっかりしたものばかりです!

登山靴コーナーには、試し履き用のソックスもあるし、下り坂や岩の上などのシチュエーションで試すことができます。全国に展開していますので、お近くにある場合には、ぜひご利用を!

モンベル - アウトドア総合ブランド
モンベル(mont-bell)は「function is beauty」と「Light&Fast」をコンセプトに登山用品、アウトドア用品(アウトドアウェア、アウトドアギア)の製造、販売を行っています。またアウトドアイベントの企画運営、傷害保険の取り扱いも行っています。

登山用品のそろえ方については過去に記事にもしてますので、こちらの記事もご覧になってください!

(初心者向け)登山用品はどこで揃えるか
こちらの記事では登山初心者の方に向けて、登山に必要な持ち物をどこでどのように揃えるかについてご紹介しています。個人の考えですので、参考程度にしてください。

 

今日はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングに登録しております。クリックしていただけますと励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



 

EcoFlow Technology  EcoFlow RIVER Max

<・X-Streamテクノロジーで1.6時間で満充電
 ・X-Boostで最大1200Wまで出力可能!ドライヤーも使える
 ・ソーラーチャージャー110W2台並列使用で3〜6時間で満充電!>
ーーーーーーーーーー
容量:576Wh/160000mAh
定格出力:600W
出力口:AC×3/DC×2/USBタイプA×3/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)1.6時間/シガーソケット6時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ11W42回
ライト10W50時間
電気フライパン1200W0.8時間
冷蔵庫150W3〜6時間

BLUETTI EB55

<・ACアダプタ2台利用すれば2時間で満充電!
 ・リン酸鉄リチウム電池利用で充電回数2,500回の長寿命
 ・災害時、車中泊の際にはライト機能も便利
 ・ワイヤレス充電も装備!>
ーーーーーーーーーー
容量:537Wh/168000mAh
定格出力:700W
出力口:AC×4/DC×2/USBタイプA×4/USBタイプC×1/ワイヤレス充電×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC2台)2時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ10W45回
LEDライト20W23時間
パソコン80W 約6時間
ミニ冷蔵庫80W 約8時間

Jackery ポータブル電源708

<・5時間充電は早い!出発日の前日に思いついて充電しても間に合う。
 ・電気毛布10時間使えれば十分。夏も冷蔵庫を51時間維持!
 ・シガーソケットを使った充電もすれば2泊も可能
 ・世界で100万台以上販売した人気ブランド>
ーーーーーーーーーー
容量:708Wh/191400mAh
定格出力:500W
出力口:AC×2/USBタイプA×2/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)5時間/シガーソケット13時間
ーーーーーーーーーー
 <充電の目安>
 スマホ18W40回
 ライト5W58時間
 車載冷蔵庫60W51時間
 電気毛布55W10時間

加島商事 SmartTap PowerArQ

<・5種の規格に合格
 ・防災で便利なライト機能付き
 ・楽天デイリーランキング4冠達成(2020)>
ーーーーーーーーーー
容量:626.4Wh/174000mAh
定格出力:300W
出力口:AC×1/DC×2/USBタイプA×3/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)8時間〜9時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
LEDライト3W180時間
ミニ扇風機30時間
プロジェクタ1.5時間
ミニ冷蔵庫11時間

登山
スポンサーリンク
kurosaikiをフォローする
山といろいろブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました