登山向け有酸素運動マシン「無限階段」クライムミルがすごい!

登山

こんにちはkurosaikiです。登山のトレーニング方法というとスクワットや階段登りなどがありますが、ジムには「クライムミル」という無限に階段を登るマシンがあります!

今回は登山に向けてトレーニングをしたい方向けに、クライムミルについて紹介し、いくつか実際に置いてあるジムを紹介します。

スポンサーリンク

クライムミルの特徴

Matrix Fitness: ClimbMill

クライムミルとはアイキャッチの写真にもあるように、エスカレータを逆に登るような、延々と階段を登るトレーニングマシンです。

マシンはMATRIX社が製造していて、調べたところ安くても150万円以上かかる一般人が個人で所有するにはちょっと(いやかなり)ハードルが高いものとなっています。

置いてあるジムを探すしかなさそう

しかしそれだけお高いこともあって、正面にはタッチパネルがついており、地上デジタル放送が見れたり、iPodなどと接続できるなど多彩な機能を持っています!

階段運動は有酸素運動と筋トレのハイブリッド!

基本的に登山は有酸素運動であると同時に筋肉も使用する、ハードなトレーニングです。

その運動の強度を比較するにはメッツ(MET:metabolic equivalent)と呼ばれる、酸素摂取量を元にします。「健康長寿ネット」の表によると、以下のように比較できるようです。

※メッツ数値が高いほど激しい運動といえます。

メッツ運動の例
4.3やや速歩(平地)
4.5テニス(ダブルス)、水中歩行
4.8水泳(ゆっくりとした背泳)
5.5バドミントン
6.0ゆっくりとしたジョギング
6.5登山(0〜4.1kgの荷物を持って
7.3登山(4.1〜9.0kgの荷物を持って)
10.0水泳(クロール)
11.0ランニング(毎分188m)
「健康長寿ネット」より

つまり、全力のランニングや水泳ほどではありませんが、運動強度としてはかなり高い方と言えます。

また階段運動には有酸素運動として以外にも、自重によって下半身の筋肉を鍛えることにもつながります。

階段運動は有酸素運動としてだけでなく、下半身の筋トレにもなる一石二鳥のトレーニングにもなるんですね。

継続すれば持久力とともに筋肉もついて、登山も楽になりそうだね!

結局「クライムミル」はどこにあるのか

そうなるとどこのジムになら置いてあるのかということですが、今回実際に調べてみましたがなかなか少ない…。それでも調べてわかった情報をここでお知らせしておきます。

MIRAfitnessには置いてあるらしい

MIRAfitnessという静岡を中心に展開しているこちらのジムでは、基本的にクライムミルが置いてあるようです。(ジムのホームページにマシンの情報がないところが多いのはなんででしょう?)

詳しくはホームページを確認してください。

Be-hit light24

Be-hit light24は近畿で展開しているジムのようです。伊丹店のツイートは見かけたのですが、そのほかの店舗でどうなのかはホームページではわかりませんでした。

Be-hit light24

ナイスフィットネス24

ナイスフィットネス24は大阪と和歌山にあるジムです。こちらではホームページのマシン紹介のページでクライムミルが紹介されています。

詳しくはホームページでご確認ください。

AC FITNESS南浦和

AC FITNESS南浦和店は南浦和にあるスポーツジムです。AC FITNESSという系列なのかと思いましたが、ここ1店舗のようです。これから展開していくのかもしれませんね。

南浦和店ではツイートでクライムミルがあることが確認できました。

エニタイム(店舗による)

エニタイムは全国に展開している超大手スポーツジムです。クライムミルが置いてあるという情報はホームページからは全てにあるかどうかの判断ができませんが、東陽町店と紫竹山店にあることは確認できました。

お近くのエニタイムにあるかどうかは実際にお電話などして確認してください。

エニタイムのホームページはこちら。(お近くの店舗が探せます)

最後に

階段運動はきつめの有酸素運動であると同時に下半身の筋肉を鍛えることもできる、一石二鳥のトレーニングです。

なかなか設置店舗が見当たらないので、少し調べてみましたがなかなか表に出てくる情報は少ないですね。お近くの店舗にお問い合わせする方が早いかもしれません。

ジムのホームページにマシン一覧があるとわかりやすいんですけどね。

kurosaikiももし近くにあるようでしたら使ってみたいです!

今日はここまで!ありがとうございました!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました