足の負担を軽くする!おすすめトレッキングポール紹介!

登山

こんにちはサイキです。今回は山登りが楽になるトレッキングポールについてその使い方やおすすめのものをご紹介したいと思います。

登山に必需品ではありませんが、持って行った時とそうでない時とでは足の疲れが段違いに違うので、まだ持ってない方はぜひお勧めしたいです!

この記事では初心者の方に向けて、どんなものを選べばいいか、どんなふうに使用するか分かりやすく解説します。

サイキ
サイキ

使い慣れてくると本当に山登りが楽になります!

スポンサーリンク

なんのために使うのか?

トレッキングポールの使い道は特に下の3つです。

1.足の負担軽減
2.体のバランス維持
3.ツェルトのポールがわり

以下説明をしていきます!

まず足の負担軽減が1番の理由

トレッキングポールの1番の利用目的はなんと言っても足の負担軽減です。

実際にトレッキングポールを持って体重計に以前乗ってみたのですが、1本持っただけで10kg軽くなったことにびっくりしました。

足にかかる体重が軽減されて、足への負担が軽減されているんですね。特に下りでは足に負担がきやすいので助かります。

サイキ
サイキ

下山した後膝が痛くならなくったよ!

体のバランス維持のため

登山中疲れてくると足がふらつくことがありませんか?私だけでしょうか…。

特に滑落すると一気に数十m落ちてしまいそうなところでは、急なふらつきが大きな事故にもつながりかねません。

そんな時姿勢維持の役にも立ちます。

ツェルトのポール代わりにもなる

ツェルトというのはテントの軽量版のようなもので、急な雨天の時や、体調不良になった時の緊急避難の時など、安全対策のために持っていくことを推奨されている道具です。

もっとも最近では、荷物軽量化のために夏山登山ではテントの代わりに持っていく登山者もいるようです。

テント場にいるとたまに使用していらっしゃる方がいますね。

トレッキングポールはこのツェルトのポール代わりにも使えます。

サイキ
サイキ

荷物の軽量化のためにあえてツェルトを使っている人もいるようです!

Amazonではアライテントのツェルトが評価が高いようです。私も荷物軽量化のために近々購入したいですね。夏ならツェルトで十分という気がしています。

どうやって使うのか?

登りと下りで長さを調節

トレッキングポールは自分の身長に合わせて高さを調節して使用します。

出発する前に両腕を自然に下ろして肘の高さに取っ手が来るように調整します。

斜面での高低差を考えて、登りの時にはやや短めに、下りの際にはやや長めに調整しましょう。

私が長年使用しているトレッキングポールは、もうその長さに跡がついているので、わざわざ調整しなくても良くなっています笑。

雪山やるならスノーキャップも用意

トレッキングポールには先端に取り付けるキャップに色々な種類があります。

雪山などではスノーバスケットと呼ばれるキャップを使用します。

雪山を検討している方は、スノーバスケットも一緒に入手しておくと良いでしょう。(大体付属品でついています)

トレッキングポールの先につけたこのバスケットのおかげで、雪に沈み込まずに使うことができます。

岩場などではいったんしまう

両手を使うような岩場や鎖場、はしごなどではいったんザックの横に収納するなどして一旦しまいましょう。

トレッキングポールを手に持ったまま、両手を使うことは大変に危険です。

手首にストラップを引っ掛けて登る人もいますが、両手を使っているときにポールが岩に引っかかったら、事故につながる恐れもあります。(ヒヤリ経験あります)

無理にトレッキングポールを使おうとしないでください。

DABADAのトレッキングポールが一番おすすめ!

選び方の基準

トレッキングポールを選ぶ際に大切なことは、

・軽さ
・長さの調整ができる
・コスパが良い
・コンパクトになる

ということです。

コンパクトで軽く、登りと下りに合わせて長さ調節しやすいものがベストです。さらに破損しにくく、長年使えるものだとなおいいですよね。

過去には長さ調節できない、折り畳み式のものも使ったことがありましたが、やはり使いにくくてそのうち使わなくなってしまいました。

自分は7年間今でも使用しているDABADAのトレッキングポールがコスパ的にも一番だと思います。

売上ダントツで安定感のあるDABADA(アルミ)がおすすめ

DABADA(アルミ)のトレッキングポールはAmazonでもかなりの売れ行き商品です。上の選択基準に合わせて考えても、

・1本220gと軽い
・長さは56.5〜120cmで調整可能
・3,000円で何年も使える(実績あり)
・簡単にしまえる
・270,000本の売り上げ実績がある
・アンチショック機能あり

私も長年使用しており、特にアンチショック機能のおかげで、下山後の足の痛みが最小限にできています。

同じように足の痛みに苦しんでいる方は、どうぞ検討してください。

いかがでしたでしょうか。今回はトレッキングポールの使用法やおすすめの商品などを紹介してみました。

うまく活用して、より登山が楽しめるようになっていただけたら嬉しいです!

サイキ
サイキ

楽しい登山にしましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

追記(2022/06/28)

最近ではTrailBuddyのトレッキングポールも人気のようです。同じように使いやすくて丈夫な、いい商品が色々出てきているようですね。

ブログランキングに登録しております。クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



EcoFlow Technology  EcoFlow RIVER Max

<・X-Streamテクノロジーで1.6時間で満充電
 ・X-Boostで最大1200Wまで出力可能!ドライヤーも使える
 ・ソーラーチャージャー110W2台並列使用で3〜6時間で満充電!>
ーーーーーーーーーー
容量:576Wh/160000mAh
定格出力:600W
出力口:AC×3/DC×2/USBタイプA×3/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)1.6時間/シガーソケット6時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ11W42回
ライト10W50時間
電気フライパン1200W0.8時間
冷蔵庫150W3〜6時間

BLUETTI EB55

<・ACアダプタ2台利用すれば2時間で満充電!
 ・リン酸鉄リチウム電池利用で充電回数2,500回の長寿命
 ・災害時、車中泊の際にはライト機能も便利
 ・ワイヤレス充電も装備!>
ーーーーーーーーーー
容量:537Wh/168000mAh
定格出力:700W
出力口:AC×4/DC×2/USBタイプA×4/USBタイプC×1/ワイヤレス充電×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC2台)2時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ10W45回
LEDライト20W23時間
パソコン80W 約6時間
ミニ冷蔵庫80W 約8時間

Jackery ポータブル電源708

<・5時間充電は早い!出発日の前日に思いついて充電しても間に合う。
 ・電気毛布10時間使えれば十分。夏も冷蔵庫を51時間維持!
 ・シガーソケットを使った充電もすれば2泊も可能
 ・世界で100万台以上販売した人気ブランド>
ーーーーーーーーーー
容量:708Wh/191400mAh
定格出力:500W
出力口:AC×2/USBタイプA×2/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)5時間/シガーソケット13時間
ーーーーーーーーーー
 <充電の目安>
 スマホ18W40回
 ライト5W58時間
 車載冷蔵庫60W51時間
 電気毛布55W10時間

加島商事 SmartTap PowerArQ

<・5種の規格に合格
 ・防災で便利なライト機能付き
 ・楽天デイリーランキング4冠達成(2020)>
ーーーーーーーーーー
容量:626.4Wh/174000mAh
定格出力:300W
出力口:AC×1/DC×2/USBタイプA×3/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)8時間〜9時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
LEDライト3W180時間
ミニ扇風機30時間
プロジェクタ1.5時間
ミニ冷蔵庫11時間

登山
スポンサーリンク
kurosaikiをフォローする
山といろいろブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました