【ワークマン】登山の服装をワークマンで揃える!春のおすすめ紹介

こんにちはサイキです。

今回は春から初めて登山を始めようという方に、ワークマンで登山用品を揃えるためにおすすめの商品をご紹介したいと思います。

いきなり登山用品店で揃えるよりも安価に安全なものが手に入りますので、購入のハードルが下がりますから、友人も誘いやすくなりますよ!

特に日帰りで気楽に1000m級くらいの山をこの春登ってみたい、という方は必見です!

サイキ
サイキ

しっかり準備して登山を楽しもう!

夏おすすめのワークマンウェアについてはこちらをどうぞ!

【ワークマン】夏も登山の服装をワークマンでそろえる!おすすめ7選!

目次

ワークマンのアウトドア商品は登山初心者におすすめ

登山に今まで行ったことのない人が登山を始めにくい理由の一つが登山用品が高額であること。

確かに有名な登山ブランドの商品はどれも高性能で、有名な高山でも十分に機能するものが多く、登山が好きな人ならいくらでもお金を注ぎ込みたくなるほど魅力的です。

でも、それらを揃えるのに時には数万円単位がかかります…私も最初はザックや靴の金額に冷や汗が出ました。

サイキ
サイキ

初めて行く人は「え?」って思うはずです

でも作業服で有名なワークマンは最近アウトドア向けの商品を数多く開発しており、登山によく行く人でもワークマンで代用できるものは積極的に代用しています。

この春はぜひ登山に行きたいな〜と思っている方はまずはワークマンで登山用品を揃えて、近隣の山に登ってみてはどうでしょうか?

もっと有名な山に行きたいという方は夏までにまた登山用品を揃えればいいわけですしね。

ワークマンで揃える!おすすめ登山用品

初めて日帰りで山に行く人にひとまず登山用で揃えるべきものをリストにしました。

・ザック
・登山靴
・上下別のレインスーツ

・トレッキングパンツ
・ジャンパー
・吸汗・速乾性の下着

ここにあげたもの以外で登山に必要なものについて知りたい方は、下記の記事も合わせてお読みください。

ザックは背負いやすく、収納性のいいものが○

食べ物、飲み物、タオル、着替えなどなど日帰りでも登山では持ち物が多くなりがちです。歩行時間が3時間以上かかるようであれば、しっかりと荷物を準備して登山に行きましょう。

ジョイントバックパックスタンダードエディション

ワークマンの「ジョイントバックパックスタンダードエディション」は3,900円と安価ながら、ポケットが多く、容量が18ℓと収納性に優れており、撥水性能もあるので急な雨にも対応できます。

アウトドア用のバッグを持っていないようであれば、こちらがおすすめです。

登山靴は靴底が厚く、撥水するものを選ぶ

登山道は舗装された道路と違い、石がゴロゴロしているような道も、泥で滑りやすい道も多くあります。それを普通の運動靴で登ろうとすると、結構足に負担がくるんです。登山で足がつれすぎると転倒を起こす原因にもなりますから、ぜひ登山靴は購入しましょう。

アーバンハイク

ワークマンのアーバンハイク1,900円と安価でありながら、靴底が厚いので足も守られ、撥水性能があるので多少の雨には耐えられます。1,000m級の登山であれば十分使えると思います。

靴ずれもなく快適に歩けた

私自身も実際に購入して大山(1,252m)に登山してみましたが、運動靴で上よりはるかに足が楽で上りやすかったです。登山靴はちゃんとしたものを買うと数万円するお買い物になるので、ひとまず近所の山に上り行く程度であれば、この靴で十分です。

登山靴は最優先で買う必需品だよ!

登山では上下別のレインスーツが必須

登山では急な天候の変化もよくあることです。そんな時のために上下別のレインスーツは必ず持っていきましょう。普段街中で使われているような上下一体のレインスーツは、強風に煽られて転倒したり滑落する恐れがありますので持って行かないようにしましょう。

登山用のレインスーツを考える上で必要なことは、耐水性透湿性です。

サイキ
サイキ

山では極力濡れないことが大事!

山中では急に強い雨が降ることもありますので、ある程度雨に打たれても濡れない耐水性が必要です。さらに透湿性が低いとレインスーツを着ているのに、汗で体が濡れてしまっては元も子もありません。

レインスーツSTRETCH Perfect

ワークマンの「レインスーツSTRETCH Perfect」は耐水性が高く、ある程度の雨風を防げるようになっています。さらに注目すべきは透湿度も高いことで、レインスーツを着ながらも汗をあまりかかないように中の湿気を外に逃してくれます。登山用品店で買うと数万円はする重要な装備ですが、この「レインスーツSTRETCH Perfect」は4,900円です。

トレッキングパンツは伸縮性のあるものを

トレッキングパンツは伸縮性吸湿・速乾性があるものを選びましょう。

山中では木を跨いだり、あまり高くない山でも鎖に捕まって壁をよじ登ることもあります。そんな時に伸縮性のないパンツを着ていたら、思うように体を動かせないので大変に危険です。また当然汗を大量にかくので吸湿・速乾性も必要です。

AERO STRETCH クライミングパンツ
※ワークマンデジタル商品カタログより

ワークマンの「AERO STRETCH クライミングパンツ」はAERO GUARDシリーズの商品の一つで、「防虫・抗菌・防臭・ストレッチ性」を兼ね揃えています。それで1,900円ですので、私もぜひ購入したいと思っています。

山頂では風が強いこともあるので、ジャンパーも必要

登山は想像以上に汗をかくスポーツです。それゆえに汗をかいたまま風の強い山頂付近では、例え低山でも低体温になる可能性があります。低体温は重症になると命の危険もありますので、登山の際には必ず保温の対策もしておかなければいけません。

STRETCH 長袖ジャンパー
※ワークマンデジタル商品カタログより

ワークマンの「STRETCH 長袖ジャンパー」は先程のクライミングパンツ同様、AERO GUARDシリーズの商品の一つで、「防虫・抗菌・防臭・ストレッチ性」を兼ね揃えています。さらにフード内に防虫用のメッシュもついていたり、反射材もついていたりと登山でほしい機能がたくさんついたジャンパーです。これで2,900円というのですから驚きです。

低山は時期によっては小虫が大量に飛び回っていることもありますので、個人的にはフード内にメッシュを貼って防虫できる機能が本当に素晴らしいと感じています。本当にあの時は大変な思いをしました。

サイキ
サイキ

ずっと顔に小虫が付き纏っていて大変でした!

吸汗・速乾性能の高い下着(アンダーウェア)で体の冷えを防止

先ほども書きましたが、登山は思った以上に汗をかくスポーツです。そのため下着の素材は必ず確認して着るようにしましょう。基本的には化学繊維の吸汗・速乾性能が高いものを着るようにしましょう。逆に綿100%の下着は絶対に避けてください。綿は吸汗性には優れますが乾きにくいため、山頂に上がる頃には体を冷やす可能性が高いので危険です。

メリノウール使用のアンダーウェア
※ワークマンデジタル商品カタログより

まだ冷えることもある春の間は、吸汗・速乾性能が高い上に、保温・調温性能の高いメリノウール」製の下着を用意すると良いでしょう。ワークマンにはたくさんメリノウール製の商品があります。

まとめ

今回は初めて日帰りの登山に行く人向けにワークマンで登山用品を揃えるとどんな商品があるか、おすすめをご紹介しました。

実際この全てを登山用品店で揃えようとすると、0が一つ増えるくらいの出費がかかるイメージでいます。これだけ安価に揃えることができるのはもはや奇跡と言ってもいいのではないか、というくらい感動しています。

サイキ
サイキ

昔に比べて山に行きやすい時代になりました!

これからもワークマンの商品を紹介していきますので、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次