車中泊の結露対策まとめ【ランキング形式】

車中泊

車中泊をしていると必ずといいほど困らされるのが結露。車という狭い空間で呼吸をするだけで湿度が高まり、結露の原因になります。結露すると窓が曇るだけでなく、カビの原因にもなるので対策が必要です。この記事では結露への対策を10点ご紹介します。

サイキ
サイキ

結露を放っておくと、カビが出てくることも…!

スポンサーリンク

結露は温度差と車内の湿度で発生する

車内内部に発生する結露は、車内の空気中に含まれる水分が冷えた窓に接することで発生します。冷えたコップの表面が濡れる現象と一緒です。

温度差があるほど、湿度が高いほど結露は発生しやすいですので、寒い時期や湿度の高い時期には結露が発生しやすくなります。

引用:weathernews 「気温差3℃でも結露に注意発生を防ぐ3つのポイントとは

車内の結露は車中泊していると夏でも冬でも発生しやすいです。理由は例えば、

・車内で生活する人の呼吸
・車内での料理
・寝ている時の汗
・車内が暖かくて、外との温度差が激しい

などです。つまり車中泊している限りは結露の問題は高い確率で発生します。

結露を放置するとカビの発生も

引用:WEB CAR TOP 「気がつけば車内はダニ&カビの温床! 健康のためにも実施すべきクルマの梅雨対策5つ

結露が発生して困ることといえば、以下のようなものです。

・すぐ運転できない
・窓を吹かないと水分が垂れてくる
・放っておくとカビが発生する

この中で一番困るのは「カビ」ですね。せっかく車中泊するように車を買ってカスタマイズしたのに、カビ臭くなってしまったら、健康にも悪いですし、台無しです。カビの健康被害について詳しく知りたい方は以下の「生活堂」さんの記事もご覧になってください。

吸い込むと健康を害する恐れ! カビが人体に与える影響とは

サイキ
サイキ

結露があると、朝行動できないだけでなく、カビの原因にもなるんだね。

夏場は除湿、冬場は断熱が基本

人体に最適な湿度は40%〜60%だと言われています。夏場はこれより湿度が増えやすくなるので、除湿して50%程度になるように調整するのが目標です。

逆に冬場では温度差が10℃あると結露が発生しますので、シェードなどで断熱し、窓周辺の結露を防止することがメインの対策となります。

もし、冬場に湿度を下げてしまうと、車内が乾燥して朝起きると喉を痛めている…なんてこともありますので注意しましょう。

サイキ
サイキ

11月に車中泊した時に喉を痛めて辛い思いをしたことがあります

結露対策ランキング

ここからは結露対策の方法を全部で10つ、ご紹介します。それぞれどれだけ対策に貢献するか、対策しやすいかで評価していますので、ご自身のやりやすそうなものから対策されるといいでしょう。

対策方法対策貢献度対策しやすさ
10位 東に向けて駐車★★★★★
9位 壁や天井の断熱★★★★★
8位 無垢材の使用★★★★★★
7位 換気★★★★★★
6位 結露防止テープ★★★★★★
5位 料理しない★★★★★★
4位 すぐ拭く★★★★★★★
3位 結露防止スプレー★★★★★★★
2位 窓にシェード★★★★★★★★
1位 除湿機★★★★★★★★★★

10位 車を東に向けて駐車する 

東を向いていつも駐車できるとは限らない

  対策貢献度★★ 対策しやすさ★★★

車を東側に向けて駐車することができれば、朝の日差しでフロントガラスが照らされて温められることで、フロントガラスの結露を早めに除去することができます。

しかし、駐車場によって東側に必ずしも停められるとは限らない上に、結露そのものを防ぐわけではないのでこの評価となりました。

9位 壁や天井の断熱

  対策貢献度★★★★★ 対策しやすさ★

車中泊用に車を自作で改造しているようでしたら、壁面や天井に断熱材を入れることで結露を防ぐことができます。もし取り組めるようであれば、車の断熱性、防音性なども向上させることができ、結露の対策を根本的に行うこともできます。

ただ、一度内張を全部外したり、素材を選んだりとハードルが高いことも事実。効果は高いですが、取り組みやすさは星一つです。

8位 無垢材の使用

  対策貢献度★★★★ 対策しやすさ★★

もしDIYで車中泊用に棚やテーブルを作るようでしたら、桐や檜などの無垢材で製作すると良いでしょう。これらの木材は調湿機能があります。木材そのものが呼吸することで、室内の湿度を一定に止めてくれる効果があります。

DIY自体が多少ハードルが高いので、取り組みやすさは星2つです。DIY初心者のサイキでも車内テーブルくらいは作れたので、良かったら挑戦してみてください。

サイキ
サイキ

僕もテーブルを作りました!

7位 窓やドアを開けて換気する

  対策貢献度★★★★ 対策しやすさ★★

結露が温度差と車内の湿度によって起きるなら、換気をすることが一番の対策です。夏場晴れていれば、窓に網ネットをかけたり、窓枠に換気扇を設置するなどして換気できます。

しかし、雨天時には換気しにくいことと、冬場には換気することで車内の温度も急激に下がりますので気安く換気することは難しいでしょう。

6位 結露防止テープを利用する

  対策貢献度★★ 対策しやすさ★★★★

結露防止テープは窓枠の下の方に貼り付けることで、結露が車内に垂れ下がることを防止します。結露がどうしても防げない場合にはこちらを利用するといいでしょう。株式会社ニトムズの強力結露吸水テープは使用後に剥がしやすく1mで100g以上の給水力があります。

結露が発生すること自体を防止するわけではないので、対策貢献度は低めです。

5位 料理しない

  対策貢献度★★ 対策しやすさ★★★★

いうまでもなく、車内の湿度上昇を抑えるために水分を使うような料理を抑えることで結露防止の対策になります。しかし、呼吸するだけでも車内の湿度は上昇しますので、あまり根本的な対策とはいえないでしょう。

4位 すぐ拭く

  対策貢献度★★★ 対策しやすさ★★★★

車内に結露が発生したら早めに拭き取ることも大切です。対策をしていたとしても結露が発生した時のために車内には拭き取るためのタオルや、簡単に水分を拭き取れるワイパーなどを常備しておくと良いでしょう。

3位 結露防止スプレー

  対策貢献度★★★★ 対策しやすさ★★★

結露防止スプレーはあらかじめ窓に吹き付けることで、結露しにくくすることができるスプレーです。家庭用のものですがもちろん車内にも活用できます。使用した方の話では完全に防止するものではなく、ガラスを曇らせて結露しにくくする目的のもののようです。

結露防止スプレーを実際に使用した人の話

2位 窓に貼り付けるシェードを作成する

  対策貢献度★★★★ 対策しやすさ★★★★

最も結露が発生しやすいのは窓です。その窓枠に銀マットなどでシェードを作成すれば、断熱によって結露を防止することができます。窓にピッタリ接していればより結露防止に役立ちます

銀マットでシェードを作成するのは多少手間がかかりますが、一度作成してしまえば簡単に設置できるのでぜひ一度作成してみてください。シェードについては下記の記事でも詳しくご紹介しています。

サイキ
サイキ

一度作ってしまえば、設置は30秒でできます!

1位 除湿機を利用する

  対策貢献度★★★★★ 対策しやすさ★★★★★

結露を防止する対策の中で最もおすすめなのが除湿機によるものです。Yoitasの小型除湿機は3畳分の除湿ができちょうど車内の除湿にピッタリです。充電式なので電源も必要なく、何度も再利用できます。1セットで500mlの除湿ができますので、2泊くらいまでは十分に対応できます。

サイキ
サイキ

一度買えば何度でも使えるので、クローゼット用としても経済的!

まとめ

いかがでしたか?せっかく色々準備をしたのに車内が濡れてしまって、カビが発生したら本当にがっかりしますよね。

ぜひ時季に合わせて最適な結露対策をしてください!

サイキ
サイキ

なるべく長く車が使えるように結露対策をしましょう!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
EcoFlow Technology  EcoFlow RIVER Max

<・X-Streamテクノロジーで1.6時間で満充電
 ・X-Boostで最大1200Wまで出力可能!ドライヤーも使える
 ・ソーラーチャージャー110W2台並列使用で3〜6時間で満充電!>
ーーーーーーーーーー
容量:576Wh/160000mAh
定格出力:600W
出力口:AC×3/DC×2/USBタイプA×3/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)1.6時間/シガーソケット6時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ11W42回
ライト10W50時間
電気フライパン1200W0.8時間
冷蔵庫150W3〜6時間

BLUETTI EB55

<・ACアダプタ2台利用すれば2時間で満充電!
 ・リン酸鉄リチウム電池利用で充電回数2,500回の長寿命
 ・災害時、車中泊の際にはライト機能も便利
 ・ワイヤレス充電も装備!>
ーーーーーーーーーー
容量:537Wh/168000mAh
定格出力:700W
出力口:AC×4/DC×2/USBタイプA×4/USBタイプC×1/ワイヤレス充電×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC2台)2時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ10W45回
LEDライト20W23時間
パソコン80W 約6時間
ミニ冷蔵庫80W 約8時間

Jackery ポータブル電源708

<・5時間充電は早い!出発日の前日に思いついて充電しても間に合う。
 ・電気毛布10時間使えれば十分。夏も冷蔵庫を51時間維持!
 ・シガーソケットを使った充電もすれば2泊も可能
 ・世界で100万台以上販売した人気ブランド>
ーーーーーーーーーー
容量:708Wh/191400mAh
定格出力:500W
出力口:AC×2/USBタイプA×2/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)5時間/シガーソケット13時間
ーーーーーーーーーー
 <充電の目安>
 スマホ18W40回
 ライト5W58時間
 車載冷蔵庫60W51時間
 電気毛布55W10時間

加島商事 SmartTap PowerArQ

<・5種の規格に合格
 ・防災で便利なライト機能付き
 ・楽天デイリーランキング4冠達成(2020)>
ーーーーーーーーーー
容量:626.4Wh/174000mAh
定格出力:300W
出力口:AC×1/DC×2/USBタイプA×3/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)8時間〜9時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
LEDライト3W180時間
ミニ扇風機30時間
プロジェクタ1.5時間
ミニ冷蔵庫11時間

車中泊
スポンサーリンク
kurosaikiをフォローする
山といろいろブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました