【マジで快適】汗冷えをメッシュで快適に!登山用インナーを紹介!

登山

※着用した時の感想を追記しました!

こんにちはkurosaikiです。

登山で困るのが「汗」ですよね。私も汗っかきなので、着替えは必ず持っていくようにしています。濡れたシャツは体にくっついて不快なことこの上ないですよね。

今回は汗っかきの人でも快適に登山できるようなインナー選びと評判のミレーの網シャツをご紹介したいと思います。

インナー選びで大切なことは、主に以下の3点です。

1.吸汗性
2.速乾性
3.保温性

夏は保温性はあまり考えなくてもいいのですが、吸汗性と速乾性は登山用インナーには欠かせない要素です。

 

特に登山ではかいた汗が乾かず、シャツが肌にべったりついていると体が冷えてしまい、低体温症になることもあります。

快適な登山に必要不可欠なインナーについて解説するよ!

スポンサーリンク

インナーの選び方

インナーの選び方によっては命の危険も

インナー選びは登山する上でとても大切です。選び方によっては登山中の快適さを大きく左右します。

濡れたシャツは不快感だけでなく、体を冷やし低体温症の原因にもなります

さらに尾根付近では温度が低く、風が強いため濡れたシャツが冷えて体がガクガクになります。

私自身も昔は綿100%のシャツとパンツを履いて、全身びしょ濡れした上、頂上でとても寒い思いをしました。本当に夏でも汗冷えは油断ができません。

登山中に人は概ね1000〜2000ml程度の汗をかくと言われています。(※登山中の汗の量と水分補給についての詳しい記事はこちら

汗対策は登山する上では十分に注意を払わなくてはいけません。

インナー選びが生死を左右することもあるよ!

夏と冬、温度に合わせて素材で選ぶ

吸汗性と速乾性は年中必要ですが、冬は保温性も必要なので、インナーの素材で選ぶべきなのは、

◯ 夏…ポリエステル
◯ 冬…メリノウール

が主体のシャツを着ると良いでしょう。
ポリエステルは吸汗性、速乾性に優れており主に夏山で、メリノウールはさらに保温性もあるので冬山で着用するのに適しています。

綿はNG

普段着るシャツの素材として綿の製品がたくさんありますが、速乾性がないので登山には向いていません。

買うときに「吸汗性(透湿性)、速乾性」があることをうたった商品かどうか確認しましょう。

最近では登山用品店でなくとも、スポーツ用品店やワークマンなどでもたくさん製品が出ています。

インナー選びで大切なのは素材

噂の網シャツを調べてみた

ところで最近はミレーの網シャツが評判であることを聞きつけ、汗っかきの自分も興味があり調べてみました。

網シャツは単体で着るものではなかった!

網シャツで山を登るのは少し抵抗感もありますよね?

でも調べてみたら、「網シャツの上にシャツを着る」ことが前提の商品だったんです。

てっきり網シャツ1枚で登山する姿を想像していました!

このシャツは、「ドライナミック メッシュ」というのが正しい商品名なのですが、このシャツの上に普段着ているシャツを着ることで、吸汗性と速乾性を高める機能があります。

汗による不快感からあなたを解放するアンダーウェア | DRYNAMIC MESH

ドライナミック メッシュの機能

シャツと体の間にメッシュを入れることで、以下のような効果があります。

1.汗をインナーに素早く運ぶ(毛細血管現象)
2.空気の層によってシャツの乾燥を促進する

なるほど〜と感心しました。確かに汗をかくと体にべったりくっついて乾かなくなるので、間に1層入れることで防いでいるんですね。
ちなみに冬でも、インナーの種類を変えることで快適な登山にすることができるようです。

「肌がベタつかない」など高評価

ちなみに楽天やAmazonでは評判はどうなのか調べてみました。(7月27日現在)

◯ 楽天 (大体評価は4.5以上)
「汗かいても体が冷えないので、ランニングが快適です」
「山に行くときに着てます。登りで汗をかくのですが、冷えずに助かっています。」
◯ Amazon  (大体評価は4.5以上)
「夏の低山で使用しました。普段汗だくで速乾タイプのTシャツが張り付く&体が怖いほど冷える状況でも肌サラサラ&体がほとんど冷えないという結果でした。」
「汗のベタつきはほぼ感じず、極めて快適。」

と、このシリーズいずれも高評価です。

いつも汗冷えで頂上付近で凍えていたのですが、このシャツがあればそれもだいぶ変わりそうです。

ちなみに「ドライナミック メッシュ」はメンズ、レディース、アンダーウェアなどいろいろ種類がありますから、必要に応じて選んでください。

まとめ

ということで、今回は次のようなお話をしました。

1.インナーは吸汗性、速乾性があるものを選ぶ!
2.冬は保温性も重要!
3.ミレーの網シャツはインナーの中に着る!

自分は本当に汗っかきなので、本当に助かります。購入したら、改めて感想も書き込みます!

 

※8月20日に使ってみたところ、ずっと涼しく過ごすことができました。

袖なしのシャツを購入しましたが、メッシュのある部分とない部分とでは着用した時の汗の乾き方に大きく差が出ました。

実際着用している間は汗で濡れたシャツが体に張り付かなかったので、とても涼しくサイクリングできました。

金額以上に快適なので、非常にコスパのいい商品なのではないかと思います。

本当におすすめの商品です。できればもう1着購入したいですね!

 

あの不快感から解放されると思うだけで、もっと山にも行きたくなっちゃうね!

今回はここまで!読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングに登録しております。クリックしていただけますと励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



EcoFlow Technology  EcoFlow RIVER Max

<・X-Streamテクノロジーで1.6時間で満充電
 ・X-Boostで最大1200Wまで出力可能!ドライヤーも使える
 ・ソーラーチャージャー110W2台並列使用で3〜6時間で満充電!>
ーーーーーーーーーー
容量:576Wh/160000mAh
定格出力:600W
出力口:AC×3/DC×2/USBタイプA×3/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)1.6時間/シガーソケット6時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ11W42回
ライト10W50時間
電気フライパン1200W0.8時間
冷蔵庫150W3〜6時間

BLUETTI EB55

<・ACアダプタ2台利用すれば2時間で満充電!
 ・リン酸鉄リチウム電池利用で充電回数2,500回の長寿命
 ・災害時、車中泊の際にはライト機能も便利
 ・ワイヤレス充電も装備!>
ーーーーーーーーーー
容量:537Wh/168000mAh
定格出力:700W
出力口:AC×4/DC×2/USBタイプA×4/USBタイプC×1/ワイヤレス充電×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC2台)2時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
スマホ10W45回
LEDライト20W23時間
パソコン80W 約6時間
ミニ冷蔵庫80W 約8時間

Jackery ポータブル電源708

<・5時間充電は早い!出発日の前日に思いついて充電しても間に合う。
 ・電気毛布10時間使えれば十分。夏も冷蔵庫を51時間維持!
 ・シガーソケットを使った充電もすれば2泊も可能
 ・世界で100万台以上販売した人気ブランド>
ーーーーーーーーーー
容量:708Wh/191400mAh
定格出力:500W
出力口:AC×2/USBタイプA×2/USBタイプC×1/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)5時間/シガーソケット13時間
ーーーーーーーーーー
 <充電の目安>
 スマホ18W40回
 ライト5W58時間
 車載冷蔵庫60W51時間
 電気毛布55W10時間

加島商事 SmartTap PowerArQ

<・5種の規格に合格
 ・防災で便利なライト機能付き
 ・楽天デイリーランキング4冠達成(2020)>
ーーーーーーーーーー
容量:626.4Wh/174000mAh
定格出力:300W
出力口:AC×1/DC×2/USBタイプA×3/シガーソケット×1
保証:2年
充電時間:コンセント(AC)8時間〜9時間
ーーーーーーーーーー
<充電の目安>
LEDライト3W180時間
ミニ扇風機30時間
プロジェクタ1.5時間
ミニ冷蔵庫11時間

登山
スポンサーリンク
kurosaikiをフォローする
山といろいろブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました